ベースコース

アイズのベースコースは「現場主義」がキーワード。

ベースは、最もニーズの高い楽器のひとつです。

バンドの「主役」であるボーカルや、激しい音やアクションでオーディエンスをあおるギター、ドラムス。それら華やかな楽器に隠れて、地味な印象のつきまとうベースですが、リズム、アンサンブルの要として、実は他のどの楽器よりも幅広い音楽ジャンルで高いニーズがあり、一度弾けるようになれば、様々な場所で引っ張りだこの人気者になれる楽器でもあります。

いわば、バンドアンサンブルという「舞台」における「名脇役」、といったところでしょうか。

音を楽しむ人すべてが主役を志す必要はありません。主役たちをしっかり支えることのできる良い脇役こそが、今もっとも待ち望まれています。

アイズのベースコースは「現場主義」。

アイズのベースコースは「現場主義」がキーワード。

むずかしい理論を極力省き、みなさんがそれぞれ取り組まれている曲や、バンドセッションにおいて、すぐに学んだことの成果が出るよう、フレキシブルなレッスンカリキュラムで対応します。

アイズのベースコースは、2つコースがあります。

アイズのベースコースは、2つのコースをご用意しています。

  • ベーシックベースコース
  • アドバンスベースコース

どちらのコースを選ぶかは、ご来校いただいた際に、講師と相談のうえ決めましょう。

ベーシックベースコース

「なりゆきで仲間とバンドを組んでベース担当になってまった」
「人前で演奏する予定は今のところないけれど、ベースには興味がある」

そんな方にお勧めのコースです。

2フィンガープレイを中心に、基本的ないくつかの奏法を、講師と生徒で決める課題曲を通して学びます。

市販の譜面も使用しますが、最終的にはCD等を聴いて、ベースのパートを割り出して弾く、いわゆる「耳コピー」が出来るようになるのが目標です。

アドバンスベースコース

「簡単な曲なら耳コピーできるけど、ちょっと難しい曲になるとどうも・・・」
「オリジナル曲のベースのパートは、どうやって作ればいいの?」

そんな中級クラスの方におすすめのコースです。

生徒自身が選ぶ課題曲を、講師と共に研究・分析して、高いレベルで弾きこなすことができるようレッスンをします。

また、自分の好きな曲だけでなく、講師や他の生徒が用意する課題曲を通じて、色々なアーティスト・色々なジャンルの曲をマスターし、「ベースなら、どんな曲でもやれるよ!!」という自信を持てるようになるのが、本コースの最終的な目標です。

ベースコースの概要

構成

レッスンは、月2回です。
月曜日または土曜日の12:00~21:00の枠内で、講師と相談の上、日程をお決めください。
曜日、時間は固定制です。

1回50分の完全マンツーマンレッスンです。

料金について

月謝
月2回(50分×2回)
マンツーマン
10000円
初回
入会金
10000円
設備維持費
5000円

★6月30日まで「金山校6周年キャンペーン」を開催中!!

キャンペーン期間中にご入会いただくと入会金10000円が無料になります。
また、ご満足いただけない場合には料金を返金いたします。

講師について

伊藤"MAX"大輔(まっくす いとう)

【ニックネーム】 マックス


【担当コース】 ベースコース

【生年月日】 1971年11月18日(さそり座)

【自己紹介】

初めまして、MAXです!

なぜ「ベース」などという地味ぃ~な楽器を選んでしまったのか?僕も、楽器を始めた子供の頃は親や兄弟や友達からからかわれたものです。でも僕は、「こいつらこそ分かってねーな!」と思ってました。でも、この何とも言えない低い音が良いんですよね。ゴムマリのように跳ねるリズムに魂を揺さぶられるわけですよ。共鳴しちゃうんですよね。

ポール・マッカートニーもマーカス・ミラーもジャコ・パストリアスも、佐久間正英も亀田誠司も根岸孝旨もみんなベーシスト。そう、音楽そのものを心から愛し、理解している人だからこそ、この楽器にたどり着くのです。じゃんけんに負けたからではないのです(笑)

さあ、最初は誰でも初心者です。あなたに芽生えた「やる気」、僕と一緒に大きく育てましょう(^^)/

ロック・ポップス・ソウルを中心に幅広いジャンルをカバーするセッションマン。某音楽系専門学校の講師も勤めるなど、生徒のニーズに合わせた指導には定評があります。

【レッスンを受けると得られるメリット】

楽器の練習というのは、要は「反復練習」ということになります。もちろんそういった「自宅でのトレーニング方法」に対する指導も適宜行いますが、残念ながらそれだけでは独学で練習しているのとあまり変わりありません。

今の世の中、教則本があります。教則DVDがあります。YouTube等のネット動画があります。
では、「なぜ講師が必要なのか?」

僕は楽器の技術を教えること以上に「音楽全体」を教えることこそが大事だということを、この15年の講師経験で痛感しています。

初歩的な音楽理論とか、音を聴き取る訓練、そして何よりも興味のある音楽ジャンルの幅を広げてゆく。実はこういった単なる楽器演奏技術以外の要素こそが演奏にフィードバックされ、上達のスピードを劇的に早めるのです。

そしてそれは、残念ながら教則本やDVDやネット動画を読んだり見たりしているだけでは絶対に身につかない。
アイズにいらっしゃった皆さんは、なんとなくその事を解ってしまったのではないでしょうか?
それは大正解なんです。

僕は皆さんに対して、「講師」というよりも「音楽仲間」でありたいと思っています。
レッスンルームではベースの話を中心に、音楽や楽器の事について色々話し合いたい。

そういう一見すると脱線したような話の中から、必要な知識やトレーニングが見えてくるのです。
僕にしかできない“マックス流”の音楽の楽しさ、素晴らしさを伝授します!

【生徒からのコメント】 

  • 初心者の私にもわかりやすく教えていただけるので毎週レッスンに来るのが楽しみです。
    たまに話が脱線したりするけれどそれがまたサイコ―です!!(田村さん)
  • 音楽の趣味は少し古いかもしれませんが(笑)、あらゆるベースラインを弾きこなすスペシャリストです。(牧野君)

体験コースをご用意しました!

気軽にベースコースを体験して頂くための1回無料体験レッスンをご用意しました。

どんなレッスンをするんだろう?
どんな場所でレッスンするんだろう?
どんな先生なんだろう?

いろいろなことが気になりますよね。
そんなときは、実際に体験してみるのが一番です。

また、あなたのレベルをチェックして、「ベーシックコース」と「アドバンスコース」の どちらのコースがお勧めかをご提案させていただきます。

どうぞ体験コースをお気軽にご利用ください!

無料1回体験レッスン

なるべく、ご自分の楽器をご持参ください。
無料の楽器の貸し出しも行っていますので、楽器の持ち歩きが難しい場合や、お勤めの帰りや学校の放課後など、何も持たずにいらっしゃっても大丈夫です。
※分からないこと、ご不明な点がありましたら、遠慮なく何でも聞いてくださいね。